*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都 大文字 送り火
京都 大文字 送り火





 京都 大文字送り火、亡き人の霊を冥府へと送る弔いの炎が、1943(昭和18)年から3年間、京の夏の夜空から消えたそうです。
 太平洋戦争末期、火を守っていた若者たちは戦地に赴いて人手が足りず、空襲に備え「灯火管制」が厳しくなったため。代わってその年、朝の大文字山に現れたのが「白い大文字」だったそうです。






↑↑画像の上にマウスを置いてください。↑↑(小さい人間見えますか)

 地元国民学校の児童と一般市民あわせて800人が、白いシャツに身を包んで早朝の火床まで登り、午前7時から全員で戦意高揚と鎮魂の願いを込めて、人文字で「大」を描き、ラジオ体操を奉納したのだという。当時の京都新聞の見出しは「英霊を送る」…。すべてが戦争へと束ねられていく時代だったそうです。

     


心打たれる過去の出来事。







NHKの生中継ご覧になりましたでしょうか?
大文字送り火、生中継してました。感動しました。
まさしく、点火瞬間がリアルタイムで見れたことは、この上なく幸せです。解説の京都の学者さんのコメントが、心を打たれます。

ごっとハンドは、思わず、移り行く送り火にTVに合掌、
涙がほほを伝うの感じました。

ご覧になった方、コメントお待ちしております。












テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

tag : 休み キャンプ 先祖 京都 お盆 墓参り 高校野球 戦争 熱中症

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

神の手?ごっとハンドです・

Author:神の手?ごっとハンドです・
★★ 京都,街・激写?してます。★★


何か感じていただけました?

リンクフリーです。よろしくお願いいたします。

掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。




  • このブログに掲載されている
    写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。



キーボード F11を押してください、
すっきりとした画面で見れます。
もう一度押すと 元の画面に戻ります、
お試しください。






...........................................................

..........................................


....................................................


............................................................



................................



.............................................









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




////////////////////
・・・・・・・・・・・・・・・

最近のコメント
リンク
FC2カウンター
フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。